2008年08月11日

チャプター福島 第4戦(08年8月10日)

 夏休みの帰省がてらチャプター福島 第4戦(桧原湖)に参戦してきた。
結果は2本で...378g、37位。
しょぼい結果だったがとりあえず状況報告。
【前プラ】
大川沖フラット、馬の首東岸スタンプ、西岸岩盤、月島北側フラット、南側ハンプを回り、
大川沖フラットでZAGGER65のドラッキング、月島ハンプでサタンワームのキャロを使用し、300〜400gの感触を得て本番に臨んだ。
IMGP1003.JPG

【本番】
今回もM氏と同船。昨日反応の良かった大川沖に向かう。
あれ?前日魚探に映っていたワカサギボールの大きさが小さい。
ZAGGER65でドラッキングするも案の定バスからの反応は無し。
風向きも昨日の反対で西よりとなり、大川沖は風裏であまり夏の条件としては良ろしくない。
すぐに見切り、神社沖スタンプ、月島ハンプを回ったが、ここでも無反応。
風の当たる、月島北側フラット及び狐鷹森沖フラットに移動し、キャロやダウンショットでワカサギの群れに着くバスを狙うがまだ数が少ないのか、ノーバイト。
ここでフラットパターンは諦め、狙いをシャローにシフト。
馬の首東岸をK-0ミノー60で流すとノンキーの嵐。
IMGP1001.JPG

バスの居場所を完全に見失って残り1時間。
M氏の提案でスポーニングのときに良かった早稲沢キャンプ場前のシャローへ。
そのときは正直、スポーニングエリアのシャローにこの時期いるんかいな?と半信半疑だったが、到着してすぐ答えは出た。
M氏がリアでボコボコ釣ってあっと言う間にリミットメイク。
リグは3inストレートワームのネコだ。
自分はキャロを引いているが反応が無い。
リグまでM氏を真似し、シャッドシェイプ3inのネコにチェンジすると、3本立て続けにHITし、小さいながらも30分足らずでリミット達成。
入れ替えを期待して同じポイントで粘るうちに、ライブウェルに居るフック飲みしていた1本の元気が無くなっている。
これはウエインまでもたないと予想し泣く泣くリリース。
代替フィッシュを最後まで狙ったが結局釣れず2本で終了となった。

今回は、フラットパターンから切り替えができず魚を完全に見失ってしまった。M氏が居なければノーフィッシュは確実だったろう。
自分の頭の固さにへこむバッド(下向き矢印)
さらに追い討ちをかけるように、桧原にはじめて浮いたという根っからの霞人が2人ともお立ちに上がってしまった。
自分もこのおもろいおじさんに弟子入りしようか。
IMGP1004.JPG

【本日の収穫】
・フラットにこだわって失敗したが、フラットの釣りは少し上達したかな?
ダウンショットを遠投すると、ラインの角度が鋭角となり、底に近くなる。反対にシューティングのように真下へ落とすほどラインの角度は直角となり、リーダー長≒狙うレンジとなる。せっかくリーダーを長くしてワカサギのレンジに合せたとしてもラインに角度がついていたり、ロッドを寝かしてしまうと狙いはずれてくる。

【本日のルアー】

@K-0ミノー60(F) カラー:むし
K-0_60_mushi.jpg

AZAGGER 65(SP) カラー:ゴールドミラー
zagger_65_goldmirror.jpg

Bエコサタンワーム3in 2.7gキャロ(リーダー80センチ)
Cエコシャッドシェイプワーム3in 1/64ozネコリグ
posted by おんつぁん at 21:42| チャプター福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。