2008年10月07日

JB霞ヶ浦 第4戦(08年10月5日)

 10月5日、早くも今年の最終戦、JB霞ヶ浦第4戦に出場してきた。
朝夕はめっきり涼しくなって、秋の荒食いシーズン到来か?
と楽観視していたが、そんなに霞は甘くありませんもうやだ〜(悲しい顔)

【前プラ】
まずは前プラの状況から。
今回は最終戦ということで思いっきり霞を回ってみようと向かったのは西浦方面。
美浦周辺をメインにチェックし、秋パターンなど程遠く、夏を引きずり渋いながらもシャローのアシで400gにキロオーバーがまれに混ざるの手ごたえを掴んだ。
その他に牛渡、出島などを回ったがバイトも無く、ここは抹消。
勝負場所は決まった。
IMGP1049.JPG

【本番】
試合当日は、あいにく最後尾フライト。
前プラで見つけたアシ+ブッシュカバーのピンスポットに向かうと......
なーにー、先行者!!!
しかたなく場所が空くまで周辺の似たようなスポットをテキサスでお茶を濁す。
案の定、反応は無く先行者もなかなか場所を譲らない。
そんなに粘ったら、プレッシャーかかってどうせ釣れまいと同じストレッチでアシ+ゴロタが沈むポイントを流すことに。
しかし、10時まで粘ってギルバイトのみ。
美浦をあきらめ、小高干拓へ移動。
シェードの多い三角テトラ帯をK-T65ミノー、スモラバでスイミングさせていく。1時間ほど流すもアタリも無い。
ここで、偶然に根掛かりしたO社のBLI○Zキンクロを拾う。
これは天からの授かりモノと思い、早速フックを交換して巻き始める。
しーーーーーん。
しーーーーーーーーーーーーーーん。
ガガッ!????ブチッ、アレレ???
天からの恩恵を受ける前にまた水中へお戻りになりました。

本湖はあきらめ、残り2時間、北利根川の2.5m〜3mのブレイクをK-U95を巻き倒したが、結局ノーフィッシュで終了となった。
今回は、半数がノーフィッシュと厳しい状況でしたが、ピンスポットにタイミング良く入れた人が、魚をキャッチできたようだ。

今回で今年のトーナメントは全て終了したが、成績は最悪だった。
特にJB戦は去年より悪い。
自分が悪いのだが、霞ヶ浦で釣りしててもなんだかつまらない。
下手すると桧原湖よりライトリグが必要となる。
ベイトタックルでガンガンを期待して出場しているのになんだかなー。ウエイトも桧原と変わらないし。
来年は桧原にしよっと。
以上、霞にやっつけられまくった1年でした。

【今日の収穫】
・釣りはメンタルなスポーツ。相手は魚だが、自分の気持ち次第で釣れたり釣れなかったりする。常にポジティブに行こう。楽しくなかったら本末転倒だね。

【今日のルアー】
@K-T65ミノー(SP) (Nワカサギ)
AK-U95ミノー(SP) (キンクロ)
Bホッグ系ワーム3.5in 5gテキサス(グリパン)
C自作スモラバ1/16oz+3.5inカットテール
posted by おんつぁん at 23:15| JB霞ヶ浦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。