2013年04月30日

クイント デッキ張り替え その1

10年選手のアルミは、デッキが朽ちておりまして、

フロントシートに腰かけようものなら

メリメリと音を立てて、今にも穴が空きそうでした。

ワッシャーが小さすぎてめり込んでいます。
DSCN1949.JPG

子供が学校に行っている隙に、デッキの張り替えを行っております。

ビフォアーアフターに出れそうです。
DSCN1948.JPG

ホームセンターで少し程度のいいコンパネを調達し、

予め測っておいた寸法に切ってもらいます。

微妙なRは、自宅でジグソーで修正。

仮合わせOKです。
DSCN1950.JPG

リアのデッキが無かったので、今回新設します。

まずは、アルミアングルでベースを作って、
DSCN1951.JPG

蝶番で開閉できるように、いろんなものを逃げた形状に。

まぁいいでしょう。
DSCN1952.JPG

形状が決まったら、ニスを塗って腐れ防止です。
DSCN1953.JPG

乾かしている間に、

既存のベースのリベットを打ち直します。

見事に全箇所ガッタガタでした。(しかも1本ずつしか止めてない!)

1か所2本追加し、すべて打ち直し完了。
DSCN1954.JPG

まだニスが乾かないので、今日はここで終了します。


道具は、愛着を持って大事に使いましょうね(^^ゞ






posted by おんつぁん at 22:27| 宮城 ☁| Comment(0) | Myボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。