2007年06月18日

JB霞ヶ浦2007第1戦(07年6月17日)

緊張の中、JB霞の初戦に参戦してきた。
 まずは前プラの模様から。
16日土曜日は、朝から強風で本湖には白波が立っている。これはとても出られないので牛堀から。すでにおかっぱりが大勢来ており、その間をせめる。フリックシェイクのジグヘッドワッキーでテトラのトップからボトムまでをシェイク→ステイ→ズル引きで探る。いくつかショートバイトがあった。
次は、トーナメントエリア最下流の潮来大橋橋脚に向かうも週前半の雷雨の影響か流れが強く釣りにならない、消去。
すぐ上流のマリーナ水門周りのアシをライトラバージグで...反応無し。夜越川下流のシャローをクランクをスローに引く...反応なし。
ここでプラの選手も北利根飽和状態となり、幸いに風が弱まったので北利根大橋を越えたところの永山ゴロタエリアへ。コンバットクランクミニでコツコツ当てながら引いてくると、ゴツ!スーーー?あれ?引きがおかしいぞ!ゴイニーでした。
永山第五水門まで一通りクランクで流し、ジグヘッドワッキーで折り返し。たまーにココンとショートバイトがある。なんか釣れそうな感じ。明日はここで粘ろうかな。

A0002.jpg

A0001.jpg
最後に土管島下流のシャローアシをスピナベでチェックしてプラ終了。
いつものごとく何も見えないまま本番へ。

当日は、ドタバタでのスタートとなった。
@北利根チョコレート護岸でランチングしようと車中泊で朝を迎えると周りに誰もいない。あれ?おかしいぞ?下ろしているところに出場選手が来て護岸で下ろしてはいけない旨を教えてくれた。(ありがとう!)6:15
※今年からだめになったらしい→教えてくれよ〜(ホームページに載せるとかさー)
A急いで引き上げ、○ースト○ンへ突っ走りボートを下ろす。あせったため、ロープを繋ぐのを忘れ、ボートが無人のまま横利根を漂流。だめだー、終わったか。とりあえずどっちかの岸に着くだろうと車を駐車場へ。ボートの様子を見てみるとこっちに向かってくる!やったー!6:30(受付開始時間)
Bなんとか受付を終了、ほっと一息をついているまもなく大会役員から呼び出し。なんとスタートbフ記入漏れだ。ペナ-200gがっくり。
※スタートtzる人がタックルチェック用紙集める人の後ろにいるんだもん(逆切れ)。
この時点で、気力の50%を消費した(笑)。
フライトは、40番目くらい。テンションが戻らないまま、まずは永山のゴロタへ。コンバットクランクミニで丁寧にゴロタをなめる。下流を見ると続々他の選手が入ってきている。もう後戻りはできない(笑)。
反応無し、当てが外れた。しかし、のちのち分かったのだが2位の選手がここでキロアップを
捕ったらしい。腕の違い。
次はプラで入らなかった、小高干拓へ。スピンテール+BTSでテトラをスローロールしていく。去年の秋に釣れたところで待ちに待ったバイト!フッキング!
ズルー、やっベー、ドラグがゆるい!!!ジャーンプ→スッ。BBBBBバレタ〜。魚体見た感じは700gくらいか?ジョージショック。あー賞金が逃げていく...。気を取り直せないまま、永遠につづくテトラを打っていく。途中の水門近くでは、おさーんがコイを入れぐっている。いいなぁ。一声かけて水門を釣らせてもらう。おさーんが「あんちゃーん、どうだ〜?ブラック釣れっかー?」@「さっぱりです。」
水門をダウンショットやらジグヘッドワッキーやらノーシンカーやらで散々攻めたが結局ノーバイト。
他の選手が来たので小高干拓最北部まで移動。
今度は、攻め方を変え、ベビークローのネコリグでテトラのショルダーと岸際両方を打っていく。一箇所柱状のコンクリートが折り重なるところでバイト!
ドキドキしながらフッキングするがコンクリに化けた。テトラの同じ景色を何百キャストしたか分からないが、攻めに攻めたが帰着時間。
食い、いや悔いは無い...灰と化した。
それにしても優勝した五十嵐誠選手はどこでも強いですなー。戦績を見るとTOP50の選手よりすごい!


【本日の収穫】

・事前のドラグ調整は、確実に。スピナベ系は強めにしておく。
・上位はほとんど北利根川...アフターは川優位。
・(番外)雑誌でしか見たことの無い、小川美裕選手を見れた!
posted by おんつぁん at 23:25| JB霞ヶ浦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。